紫外線による眼障害

紫外線による眼障害

紫外線が皮膚に悪影響を及ぼすことはよく知られていますが、眼についても同じです。紫外線についての眼障害は、大量の紫外線を浴びた夜に強い痛みを感じる紫外線角膜炎(雪目)や、慢性的に紫外線を浴びて生じる瞼裂斑、翼状片、白内障などの疾患があります。

アイ・レポート イメージ写真

紫外線対策

帽子とメガネを併用することで、眼に侵入する紫外線の90%をカットできると言われています。紫外線は上からだけではなく、地面などに反射して横や下からも入ってくるので、帽子はつばの幅が広いものが最適です。

メガネは紫外線カット機能の付いたレンズで、なおかつテンプルの太いものがおすすめです。横からの紫外線を防ぐことができるからです。色の濃いサングラスをかける方もいらっしゃいますが、眼に入る光の量が少なくなり瞳孔が普段よりも大きく拓くため、かえってたくさんの紫外線が眼の中に侵入するおそれがあるので要注意です。

最近は紫外線の量でレンズの色が変化する調光レンズも販売されています。紫外線カット機能付きのコンタクトレンズの装用も効果的です。屋外で仕事をされる方や部活動など、長時間屋外で過ごすことが多い若い方は特に対策が必要です。紫外線への認識を高め、正しく予防を行いましょう。

  • 今回の解説担当医
  • 医療法人 藤田眼科
  • 医師 埜村 裕也